• 蓋物の楽しみ

    蓋を開けて中を覗く時は、不思議にワクワクしますね。

    今年初めて見つけたフキノトウを、見せてあげたりとか、使う方も楽しいです。

    焼き物で蓋物を作るのは、実は多少めんどうです。窯の中で焼きあがるまでには、何しろ高温ですから、どうしてもゆがみが生じます。吸いつくようにぴったりとはなかなか、いきません。

    本体と蓋が焼きつかないように、釉薬を取ってアルミナを塗るなどしますが

    それでも、たまに蓋があかなくなっちゃったりします。

    外は、まだまだ冬枯れの景色ですが、立春も過ぎたからには、器の中には春が来ました!みたいな演出をしてみたい。蓋つき汲みだし茶碗のお茶に、梅の花びらでも泛べて、だしたりしたいものです。雪国の春は、やはり遅いですね。

    庭にはクリスマスローズが咲いてくれていますが、毒性があるから、盛り付けるわけにはいきませんしね。

    チョコレートも、一個だけ仰々しく蓋物に入れて出すと、何となく満足感がありますね。箱から、つまんでいると、つい食べ過ぎてしまいますから。

    そういえば、豆もまかずに立春になってしまった。

    化け猫を飼はむと豆を撒かずをり   おるか

    20240204

作品ギャラリー

小鉢、碗、向付、その他

豆皿、小皿、中皿、向付、その他

酒器

コーヒーカップ、マグカップ、他

煎茶を楽しむ

茶器、湯飲み、汲出し茶碗

大皿、大鉢、その他

花器、文房具、その他

ギャラリー目次

ブログ

展示会のご案内

コラムバックナンバー

ブログ集